読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌えぎのエレン同人誌info

萌えぎのエレン個人誌、参加同人誌、参加イベントについてのお知らせ

NAGANO!

item

 『ファイブスター物語』感想文エッセイ同人誌。


NAGANO!(はなごよみブックス3)
A5/64ページ/コピー本/本文モノクロ
300円
http://osito.jp/dojin/pubs/c86a.html
見本内容PDF http://osito.jp/dojin/c86a02_preview.pdf ※改訂版
表紙原画:萌えぎのエレン @
題字:酒井景二朗 @
デザイン:押井徳馬(はなごよみ) @ id:osito
Special Thanks:野嵜健秀(書肆言葉言葉言葉) @

 ぼくがはなごよみから出した10冊目の同人誌。永野護とFSS、そして機動戦士Zガンダムなど1985年頃のアニメなどの流行と、当時自分が感じたことを書いた本です。
 また、これまでぼくが繰り返し発言してきた「モーニング娘。レッドミラージュ」であることと、その理由、そして、2010年に勃発した「アイドル魔導大戦」の概要についても簡単に解説。ハロプロファンにも楽しめる内容となっております。
 2014年8月、コミックマーケット86にて初頒布(夏コミC86参加告知 - 萌えぎのエレン同人誌info)。

本誌入手方法

はなごよみ参加イベントにて頒布
http://osito.jp/
https://twitter.com/osito_kuma
id:osito
はなごよみ通信販
http://osito.jp/dojin/order.html

永野護とFSSについて書いたブログ

http://moegino.hatenablog.com/archive/category/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%89%A9%E8%AA%9E
※個人誌に掲載していない記事もあります

章と見出し

はじめに
第1章 永野護とは
 永野護とは
 ファイブスター物語とは
 用語解説
 騎士
 主人公アマテラスとミラージュ騎士団
 ファイブスター物語は終わらない
 ゴティックメードの衝撃
 新旧設定対応表
 地味な映画
 ゴティックメードに足りないアニメの何か
 なぜモーターヘッドを捨てたのか
第2章 ゼータガンダムと1985
 作らない模型ファン
 見えていたはずなのに覚えていない
 永野護小林誠Zガンダムという時代
 若きクリエイターたち
 1985
 小室哲哉
 永野護ファンでいられる理由
第3章 ファイブスター物語モーニング娘。
第4章 ロボットは顔が大事
あとがき
永野護関連書籍一覧

執筆参考(本文にて言及したもの)

「花の詩女 ゴティックメード」劇場予告編

キャラホビ2011

「本作を一言で言うと?」という質問に、永野さんは「ロボットものです。可愛い女の子と格好いい男の子が出てきて、訳の分からないロボットが出てきて、どんがらがっしゃんで終わるといういつものパターン」だと即答

花の詩女 ゴティックメード」イベント / キャラホビ2011 / 2011年8月27日
永野護が理想とするロボットアニメ「花の詩女 ゴティックメード」2012年春公開予定 - GIGAZINE

その他

小林誠ツイッター 2012年11月12日

ビシャルデザインの前に、いまはプロで活動している人(当時アマ)が関わっている。ゼータ時代は数人のプロデューサーがデザイナー狩りをこぞってやった。表技、裏技交錯し、真実を知る者はあまりいないよ

※メタスのデザインについて
https://twitter.com/makomako713/status/267911328121884672

これまで出した個人誌


なお、新刊については、決まり次第、下記のブログまたはツイッターにて告知します。

もえぎのhtnb(メインブログ)
https://twitter.com/moegino

お知らせ(2016年12月24日)

改訂版(二版)を発行します。2016年12月31日コミックマーケット91にて初頒布。内容は同じですが修正や訂正が多数あり。初版では縦書きでしたが改訂版は横書きに変更。同時に表紙の色をピンクからオレンジに変更。以下のブログに詳細を記載。

信販売も行っております。
http://osito.jp/dojin/index.html